2007年4月27日生まれの暴れん坊社長と30代兼業主婦の日記


by karin--a
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

手前味噌~後編~

さぁ長々と書いてきた味噌作り体験もこれが最後です!頑張って読んでください(笑
まだ読んでいない方は先にこちらから→手前味噌~前編~中編~

味噌作りのクライマックス、材料のかき混ぜの最中、昼寝から目覚めた息子!
いつも息子は寝起きが不機嫌で、起きると愚図って母を呼ぶんだけど、
このときはなぜか上機嫌で、寝室からトコトコキッチンまでやってきてしまいました。
「ひ~!!よりによって手が大豆まみれのときに~」と思ってたら、
そのままリビングで一人遊びに突入してくれたのです!
なんて空気を読む幼児なのだろう。は~よかった。

さて材料が混ざったら、次におにぎりのように手で丸めていきます。
そしてそれを種味噌を底に敷いたかめにスキマなく並べていきます。
e0141875_22304591.jpg

この作業は粘土みたいで楽しい。小さいお子さんがいる方は一緒にやると喜ばれそう。

そして上から手の甲でぐぐっと押して、空気を抜き、表面を平らにします。
e0141875_22322276.jpg


味噌の表面にはラップをぴっちり張り、上から重し用に塩1キロを乗せます。
ホワイトリカーで消毒したふたを閉めて一連の作業は無事終了!
e0141875_2234217.jpg


午前10時半から大豆を煮始めて、午後3時までかかったかな。
でも圧力鍋を使えばもっと時間は短縮できるはず。
フープロでつぶす作業が一番大変だったかな。
あと、混ぜたり手で丸めたりと、実際に材料に手で触れながらの作業は、
陶芸とかパンこねに似て、癒されました。

かめの上には新聞紙をかぶせて紐でしばり、冷暗所へ。
狭いマンション暮らしの我が家では、迷った末に北向きの寝室のクローゼットへ。
半年後にもう一度開けてみて、天地を返す作業をするんだって。
かびないことを祈る!失敗することってあるのかなぁ~。
そしてさらに半年寝かせて、1年後に美味しい味噌となるんだそうです。
この1年で麹(オりゼー)が醸して(かもす、と読みます)くれるわけですね~。
麹って偉大だなー。発酵って奥深いなー。
私は麦味噌も大好きで、普段の味噌汁は麦味噌3、米味噌7の割合が好みなので
次は麦味噌も仕込んでみたいと思いました!
来年はお友達と一緒にやろうかな~。興味ある方声かけてね。

最後に…

味噌の材料って、大豆、麹、塩、それだけなんですね~。(麦味噌は麦麹を使う)
皆さんが今使っている味噌の材料のところ、何と書かれていますか?
上の3つ以外は、添加物です。
「アミノ酸」と書かれていたらそれは化学調味料のことです。
「保存料」なども要らないんです。塩分があるので日持ちするんですから。
どうかチェックしてみてください。
毎日食べる味噌にもともと化学調味料や合成保存料が入っていたら、
せっかくの手作り料理もコンビニのお弁当と変わらなくなっちゃいます。

また、原料の大豆は国産大豆ですか?
外国産の大豆は99%遺伝子組み換えですよ。
(遺伝子組み換え大豆は使っていません、と書いてあっても5%は入ってます)
味噌を手作りしながら、国産大豆の作付けが増えるように願いました。

長々と読んでくださってありがとうございました♪
次回、半年後の天地返しのときにまた記事をアップしま~す。
[PR]
by karin--a | 2008-12-06 23:08 | 手作りみそ