2007年4月27日生まれの暴れん坊社長と30代兼業主婦の日記


by karin--a
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:手作りみそ ( 3 ) タグの人気記事

手前味噌~後編~

さぁ長々と書いてきた味噌作り体験もこれが最後です!頑張って読んでください(笑
まだ読んでいない方は先にこちらから→手前味噌~前編~中編~

味噌作りのクライマックス、材料のかき混ぜの最中、昼寝から目覚めた息子!
いつも息子は寝起きが不機嫌で、起きると愚図って母を呼ぶんだけど、
このときはなぜか上機嫌で、寝室からトコトコキッチンまでやってきてしまいました。
「ひ~!!よりによって手が大豆まみれのときに~」と思ってたら、
そのままリビングで一人遊びに突入してくれたのです!
なんて空気を読む幼児なのだろう。は~よかった。

さて材料が混ざったら、次におにぎりのように手で丸めていきます。
そしてそれを種味噌を底に敷いたかめにスキマなく並べていきます。
e0141875_22304591.jpg

この作業は粘土みたいで楽しい。小さいお子さんがいる方は一緒にやると喜ばれそう。

そして上から手の甲でぐぐっと押して、空気を抜き、表面を平らにします。
e0141875_22322276.jpg


味噌の表面にはラップをぴっちり張り、上から重し用に塩1キロを乗せます。
ホワイトリカーで消毒したふたを閉めて一連の作業は無事終了!
e0141875_2234217.jpg


午前10時半から大豆を煮始めて、午後3時までかかったかな。
でも圧力鍋を使えばもっと時間は短縮できるはず。
フープロでつぶす作業が一番大変だったかな。
あと、混ぜたり手で丸めたりと、実際に材料に手で触れながらの作業は、
陶芸とかパンこねに似て、癒されました。

かめの上には新聞紙をかぶせて紐でしばり、冷暗所へ。
狭いマンション暮らしの我が家では、迷った末に北向きの寝室のクローゼットへ。
半年後にもう一度開けてみて、天地を返す作業をするんだって。
かびないことを祈る!失敗することってあるのかなぁ~。
そしてさらに半年寝かせて、1年後に美味しい味噌となるんだそうです。
この1年で麹(オりゼー)が醸して(かもす、と読みます)くれるわけですね~。
麹って偉大だなー。発酵って奥深いなー。
私は麦味噌も大好きで、普段の味噌汁は麦味噌3、米味噌7の割合が好みなので
次は麦味噌も仕込んでみたいと思いました!
来年はお友達と一緒にやろうかな~。興味ある方声かけてね。

最後に…

味噌の材料って、大豆、麹、塩、それだけなんですね~。(麦味噌は麦麹を使う)
皆さんが今使っている味噌の材料のところ、何と書かれていますか?
上の3つ以外は、添加物です。
「アミノ酸」と書かれていたらそれは化学調味料のことです。
「保存料」なども要らないんです。塩分があるので日持ちするんですから。
どうかチェックしてみてください。
毎日食べる味噌にもともと化学調味料や合成保存料が入っていたら、
せっかくの手作り料理もコンビニのお弁当と変わらなくなっちゃいます。

また、原料の大豆は国産大豆ですか?
外国産の大豆は99%遺伝子組み換えですよ。
(遺伝子組み換え大豆は使っていません、と書いてあっても5%は入ってます)
味噌を手作りしながら、国産大豆の作付けが増えるように願いました。

長々と読んでくださってありがとうございました♪
次回、半年後の天地返しのときにまた記事をアップしま~す。
[PR]
by karin--a | 2008-12-06 23:08 | 手作りみそ

手前味噌~中編~

さて、それでは実際の味噌作りの様子へ!

まず「パルシステム」から届いた味噌セットをオープン!
e0141875_21491291.jpg

中味は
大豆1キロ 乾燥こうじ800g 塩1キロが2袋(1つは重し用)
種味噌用の味噌1パック 消毒用のホワイトリカー 常滑焼の味噌かめ
これがどど~んと入っています。大豆1キロで、出来る味噌は4キロくらいらしい。

では手順を…

まず、大豆を洗って一晩水に漬けておきます。
水を吸って倍の大きさに膨らむので、手持ちのボウルを総動員しました(笑

新しい水で大豆を煮ます。けっこうアクが出るのです。
e0141875_21535150.jpg

本当は圧力鍋でパパっと煮るつもりだったのですが、
うちの圧力鍋には1キロの大豆がいっぺんに入らないことが分かりました。
3回くらいに分けて圧力鍋で煮るか、それともいっぺんに3時間かけて煮るか迷った末、
時間はかかってもいっぺんに煮たほうが面倒がないかと思い、そっちにしました。
圧力鍋だともっと早かったんだと思うけど…。

乾燥麹(こうじ)800gにぬるま湯200ccを加えてかき混ぜておきます。30分。
e0141875_21583220.jpg

これが乾燥麹。白くて無臭でした。
この麹が味噌作りにはなくてはならない大事な大事な存在なんですね。
「オりゼー!」と言いながら作業しました(分からない人は漫画「もやしもん」を読んでね)。

そうこうしている間に大豆が柔らかく煮上がりました。指でつぶれるくらい。
これがまた美味しいのなんのって!ものすご~く甘いんですね。
息子にも食べさせようとしたけど、ヤツは食べなかった(汗

あ、そうそう、この味噌作りの最大の敵は、我が息子。
チョロチョロして邪魔されるのが目に見えていたので、昼寝しそうな時間に、
一番面倒な作業をやることに。作戦成功して、大豆が煮上がったくらいで昼寝タイムへ!
これで心おきなく作業できます!

続いて大豆をつぶす作業。これはフードプロセッサーで。
e0141875_22151546.jpg

だけどこれもいっぺんには入らないので、10回くらいに分けましたね。
この作業が思ったより時間がかかりました。
フープロがない場合はビニール袋に入れて麺棒でつぶすんだとか…それも大変そう。
このとき、ホワイトリカーでフープロも消毒したほうがいい、という注意書きに
作業を終えてから気づいてガッカリ…もうやっちゃったよ…。
もし半年後カビが生えたりするようなことがあれば、これが原因か!?

さぁ次が味噌作りのクライマックス(たぶん)。
戻した麹、そして塩を手で混ぜます。そしていよいよ、つぶした大豆も投入!
このとき、発酵を促すため、種味噌も入れます。

とにかく全部手で混ぜ混ぜしていきます!
普段パンをこねるのとは全然違う、煮大豆の重み。
何度も書きますがとにかく大量なので、天地を返すのも大変です。
本当に「よっこらせ」と声が出てしまうほど。なかなか混ざりません。
しかも手が大豆まみれなので、写真撮れず、この作業の写真はなし(笑

そしてなんとこのとき、息子が昼寝から起きてきた!早すぎる!
もちろん私の手は大豆と麹と塩にまみれて大変なことになってます。
さぁ、味噌作りは暴れん坊社長に邪魔されてしまうのか!?
長くなったので次回に続く…。
[PR]
by karin--a | 2008-12-06 22:45 | 手作りみそ

手前味噌~前編~

は~。やった!やりとげたよ!!えらいよ、自分!!

といきなりの自分賞賛から入ってみましたが、何をやりとげたかというと…
手作り味噌の仕込み
を一人でやりとげました!!
余談ですが「味噌の」と打ったら最初にmisonoと変換されました。

2年くらい前からずっと気になっていた自家製味噌作り。
ブドウや梨などの果物を発酵させてパン用の酵母を作ることにはまったとき、
次の発酵ものとしてはやっぱり味噌かなって。
「もやしもん」という漫画を読んでからは特に「発酵」という自然の力って素晴らしい~って
一人で興奮して。「もやしもん」ご存知ない方はこちらを→アニメのサイト

前置きが長くなりましたが、ずっとやってみたかった味噌作り。
類は友を呼ぶのか、私の周りでも「味噌仕込んだよ!すっごく美味しいよ!」という
お友達が3人もいて。うわ~いいな~って思ってたの。
味噌の仕込みは11~12月が適しているらしく、この冬やろうか、どうしようかと
迷っていたそのとき!

普段食材の宅配で利用している「パルシステム」から嬉しいお知らせが。
なんと「手作り味噌のモニターを募集している」というではないですか。
味噌作りに必要な材料、道具を一式無料で下さると言うのだ!
なんて太っ腹~。だって大豆やら麹やら塩やら、一式準備したらけっこうお金かかるもんね。

ただし、その味噌作りの様子をブログにアップすること、これが条件だったの!
だからブロガーしか応募できないんだけどね。
これって私にぴったりじゃ~ん!とさっそく応募。

そしたら後日パルシステムから当選のメールが!
予想以上に応募数が多かったそうなんだけれど、ちゃんとブログを見たうえで
選考したみたい。やった~。ブログやっててよかったわ!

というわけで、トライしてみました。味噌の仕込み。
体験談は後編へ続きます…。
果たして味噌の仕込みの最中、社長はおとなしくしていてくれたのでしょうか!?

最近の社長…積み木が上手になりました。真剣なときは下唇が突き出ます。
e0141875_2214281.jpg

[PR]
by karin--a | 2008-12-05 21:57 | 手作りみそ