2007年4月27日生まれの暴れん坊社長と30代兼業主婦の日記


by karin--a
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

子育て本~続き

育児について日々悩む私の前に現れた、育児本の数々…。いや自分で買ったんだけどさ。
その中に、おおっこれは!と思うものがあったので、それだけ抜粋します。

「子どもの心のコーチング」という本の中に載っていた
子育てチェック表。

「はい」「いいえ」で答えてくださいね。

①子どもはよく笑う
②毎日が楽しそうだ
③目が輝いている
④友達とよく遊ぶ
⑤親によく甘える
⑥いろいろな物事に関心を示す
⑦子どもなりの自己主張をする
⑧話すときは目線を合わせる
⑨親の過剰な干渉や介入をいやがる
⑩機嫌の回復が早い

私はこれを見て、まあうちの息子はだいたい全て「はい」だったんですね。
それで、「あぁこれでいいのかな」って安心したというか…。

ちなみに7歳以上の子にはこちらを追加してくださいとのことです。

⑪朝自分で起きられる
⑫学校などでの出来事をいろいろ話してくれる
⑬悩みがあるときは打ち明けてくれる
⑭親の意見を求めてくる
⑮我慢できるが、我慢しすぎるということはない

育児って、答えがないというか、あるのかもしれないけどすぐには分からないというか。
だって、10年後くらいに突然息子がグレる(死語?)かもしれないじゃないですか。
あるいは30年たってヒッキーやニートでも困るしねぇ…。
だから日々「これでいいのかなー」「また怒鳴ってしまった…トラウマにならないだろうか」と
葛藤を感じてしまいます。
主婦業や家事全般もそうだけど、育児も「母親なら出来て当たり前」ってなぜか思われがちで
それが出来ないと、自分を責めてしまったり、自己嫌悪に陥ったりしませんか。私だけ?

まぁそんなときには上のチェック表でちょっと子どもを観察しては、「よし大丈夫」って
自分に自信をつけるといいかなぁって思いましたね。

あ、だけどね、前の記事でも紹介した3冊の育児本は、ところどころ参考にはなりますが、
「こんな風に言ったところで、息子が言うことを聞くとは思えん」という
理想論っぽい部分も多々あります。だけど読まないよりはましかなって思いました。

3連休に思い立って行った葉山にて。
e0141875_10332032.jpg

プリンで有名なマーロウのカフェで、プリンとケーキを食べました。
息子はこういう観光地の写真ボードを見ると絶対顔を出さずにはいられない性質。
あとは天ぷらで有名な「葉むら」でお食事。子連れで無謀かと思ったけど、
ランチタイムが終わる間際に電話してから行ったら、他にお客さんがいなくて
美味しいさくさくの天ぷらを堪能してきました。しかし写真を撮る余裕はなしorz
[PR]
by karin--a | 2010-09-24 10:29 | 息子の成長(3歳~)

悩みは続くよどこまでも

たびたび書いていますが、今まさに子育てに悩み、自信がありません。
母子べったりだった赤ちゃん時代はそうでもなくて、自分でも笑えるくらい
育児の本を読んでは勉強したつもりになって、母乳育児やら、離乳食やら頑張っていました。
大げさだけど自分なりのポリシーやルールを守ってたつもり。
だけど、息子が2歳半を過ぎて、もはや赤ちゃんじゃなくなってからかなぁ、
どんどんルールが崩れていき…これでいいのかなぁって思いながら育児してます。

ご飯もあまり食べてくれないし…野菜も全然。
食べてくれないのも困るので、欲しがるものばかりあげてたら偏ってる気がするし。
一生懸命作ったのに食べてくれないときは本当にイラッとするし。

あとは…いまだオムツ取れません。
息子4月生まれなんですけど…。

この前続けて2度家でオシッコ成功したんです。たまたま下半身裸にしていたので。
褒め称えて、オムツよりパンツがかっこいいよ、とおだてたら、
保育園にもパンツで行きたい、と言い出し。
無理だろうけど…パンツを濡らすのもトイレトレで大事だろうし…。
何よりも今まで一切「パンツやだ、オムツがいい」と言っていた息子が。
パンツを履いてくれたことが嬉しくて息子の意思を尊重して、
保育園にもパンツで行かせてみました。先生には事情を話して。
だけどやっぱり午前中で挫折、おもらししてしまい、それからはまたオムツ一辺倒orz

そのときに園長先生にまた助言を頂きました。
「トイレトレだけではなく、生活全般のことをお兄ちゃんにしていくべきでは?」と。
以前にも言われたんです。私がオムツはずれのことで悩んでいると、
「その前にベビーカーで登園するのをやめたら?」って。
単に私は荷物が多いので、荷物をフックにかけたりするのに便利でいつもベビーカーで
登園していたんですが、それは息子にとってよくない、と。
いつまでも息子が赤ちゃん気分でいてしまうから、と。
それを聞いてから私も頑張って重い荷物を持って、息子と歩いて登園してきました。
(元々息子は歩くのが好きで、ベビーカーも荷物乗せて押してたので問題なし)

で、今回も、たまたま園長先生の見ている前で息子の靴の脱ぎ履きを手伝ってしまって。
普段時間のあるときは本人にやらせますが、保育園の登園時って時間がなくて、
息子はかなり天邪鬼なので「靴脱いで」と言ってもわざと脱がなかったりするので、
ついつい私が手を出してやってしまうんですよね。
そういうのも、「いつまでもママがやってくれる、赤ちゃんのままでいいんだ」と
思ってしまうからって。

そう言われて振り返ってみると、洋服の着替えも、ずいぶん私は手伝ってました。
だって、時間がないんだもん…。
「早く!」と言っても「ママきかせて!(着替えさせて)」」と甘えてくるし…。

だけど、これじゃいけないんだ、と思い、着替えに関してはコツを少し教えたら、
急に上手にできるようになりました。なーんだ。出来るんじゃん。
靴は、マジックテープの止め方をいつもと違う風にしたら、それがカッコイイと思ったらしく、
今度は「自分で履く!」と張り切ることが多くなりました。

それから、赤ちゃん時代は自分が信じられる育児本を頼っていたんだから、
(ちなみにシアーズ博士のベビーブックを愛読してました)
今この幼児時代にも育児本を読んで勉強しよっか、という気になり、
久しぶりに本を購入。

e0141875_18344566.jpg

子どもの成長に合わせた叱り方
e0141875_1835738.jpg

子どもに言ってはいけない55の言葉
e0141875_18352555.gif

子どもの心のコーチング

どれもなかなか参考になりました。
中でも「子どもに言ってはいけない55の言葉」は
「早くしなさい」の代わりに「どっちが先に靴を履けるか競争だよ!」とか
具体的な言い換えの言葉が例として載っているので、すぐに使えました。
お調子者男児の息子にはこの「競争だよ」がとても効果的で、
最近では靴も服も自分でやるように…。嬉しいっす…。

あとは、「子どもの心のコーチング」にとてもいい子育てチェック表が載っていました。
長くなったので、続きます!
[PR]
by karin--a | 2010-09-20 18:41 | 育児グッズ

結婚式参加

息子、今年初めて、親戚の結婚式に参列いたしました♪それも2度も。

2度結婚式があるなら…と、ネット通販で子供のフォーマル服も購入し、
やる気満々で迎えたのでした。私は何年も前の服だけどね…。

1度目は7月上旬で、私の従兄の結婚式。
札幌だったので、これ幸いと私と息子だけで実家に帰省しました。

1度目は結婚式のことも、お嫁さんのこともよく分からずに参加した息子でしたが、
結婚式のあとは「お嫁さんきれいだったねー」などとよく話すようになっていました。

このときは、親戚に同じくらいの年頃の男の子が2人いたけれども、2人ともいい子だったなぁ…。
うちの子のお調子者ぶりが際立って、母さん恥ずかしかったわ。
(披露宴の合間、テーブルの間を練り歩いて変な踊りと顔を皆さんに見せていました…)

2度目はつい先日、横浜で、旦那の従弟くんの結婚式でした。
2度目だったので、息子も「お嫁さんいるかなあ」と楽しみの様子。

素敵な神前結婚式だったのですが、さすがに厳正な雰囲気の中で
ずーっと黙ってはいられず、しゃべりだそうとするおしゃべり息子を連れて私は強制退去。
神前式見たかったのに残念~。

披露宴は比較的いい子で、ちゃんと新郎新婦に拍手を送ってました。
e0141875_1285675.jpg


新婚さんにちょっとしたプレゼントを買っていったので、息子から手渡しさせてもらって、
いい記念になりました。

息子が結婚するのは何年先なんだろー?
それまで自分も旦那も元気でいなくちゃね。
[PR]
by karin--a | 2010-09-03 12:13 | 日々のこと