2007年4月27日生まれの暴れん坊社長と30代兼業主婦の日記


by karin--a
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ならいごとのこと 続き

今日、1年半続けてきたヤマハ音楽教室の幼児科を辞めました。
悩みに悩みぬいて…でも最後はアッサリきっぱり辞めました。

練習する・しない、でいつものように息子と言い合っているのを見て
夫が「もういいんじゃない?」と…。
私も「そうだな、もういいかな」って思って。

月謝の支払いなどの関係で、今日申し出てすぐに退会の手続きをしました。
夜になって担当の先生から電話が来て…いろいろ話しました。

話しながら、涙が出てきてしまった。

先生に「お母さんもよく通わせてくださってありがとうございました」と言われて。
あとは、卒業までなんとか続けられなかった自分が情けなくて。
悔しいのと、これでよかったんだ、って気持ちが混ざり合って複雑な涙でした。

「お母さんは他のクラスを知らないから、仕方ないけれど、
〇太郎くんより難しい子もいっぱいいる、〇太郎くんは歌や踊りは大好きだし、
レッスンも今はちゃんと受けられるように成長しましたし」と一応誉めてもらって。
嬉しい反面、だったらそれをもっと早く言ってくれよ~とも思いました。
今のクラスの中では息子が1人ついていけてなくて、明らかに足を引っ張っていたので…。

先生のせいでもないし、クレーマーみたいになりたくないので、あまり言わなかったけれど、
でもやっぱりキツかった。

ヤマハの幼児科はグループレッスンで、しかもレッスンの間は母子隣同士。
後ろで見学とかではなく、一緒にレッスンに参加させられてる感じ。
いや、もちろんそれは分かっていて入会したのですが、
それにしても厳しい…。
だんだん、レッスンされているのが息子ではなく私のような気がしてきて。
つまり、「先生にピアノの教え方を教えてもらいに行っている」ような気がしてきて。

とにかく、家で練習させるのが大変で大変で…気づけばいつも私がイライラ。
練習を見てあげるため、私も手間も時間も取られるわけで、
「いったいこれは誰のため?誰得?」と疑問に思い始めて…。

グループレッスンのため、他の生徒さんと息子をどうしても比べてしまう。
1つ年上の年長児ばかり、しかも明らかにピアノも歌も大好きな感じの子が多い中、
練習もしてきていない、レッスンでも出来なくてママに八つ当たりしている息子は
明らかに浮いている。

これはいかん。
習い事ひとつ出来ないくらいで、息子と私の関係が最悪になってしまう。
というわけで、辞めました。

体操と水泳の教室は楽しそうだし、特に水泳は見違えるように上達してます。
通っているスクールではまだ一番下のグループですが、
幼稚園のプールの授業では(けっこう本格的な泳ぎの練習をする幼稚園です)、
一番上のグループなんだそうです。この前見学に行ったら、顔をつけたままクロールやってた。
年中でクロールって!とビックリ。(下手くそで全然進んでないんだけどね)

これで息子とイライラぶつかりあう必要もなくなりました。
幼稚園でも鍵盤ハーモニカで「メリーさんのひつじ」くらいは
教えてくれるので、それでいいかな、と。
幼稚園のうちに両手で曲を弾けたところで、どうだってものでもないし。
そうだよね、それなのになんでこだわって続けてたんだろう…。
これからは週3日の習い事が2日に減って、息子も自分も余裕が出来ると思います。

以上、自分語りでした。
[PR]
by karin--a | 2012-09-11 23:00 | 息子の成長(5歳~)