2007年4月27日生まれの暴れん坊社長と30代兼業主婦の日記


by karin--a
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

習い事について 続き

息子の習い事、1年経っての総括…続きはヤマハ編。

結論から言うと、ヤマハをスタートするのは1年早かったかな、と。

この1年は苦しみの連続で…母子ともにボロボロになりました(大げさ)。

そもそもは、体験レッスンに行ったら、すっごく楽しそうで…
もともと歌や踊りは好きだし、母と一緒のレッスンというのも、
ずっと保育園だった息子には嬉しかったのかもしれない。
「ピアノ習う?」って聞いたら「習いたい!」って満面の笑みで言うもんだから…。

息子は4月末生まれで、5月スタートのクラスの中では一番の年下でした。
8人くらいいるグループレッスンなんだけど、他は皆年中さんの様子です。
そのうえ、ピアノを習いにくるくらいですから、皆さんおとなしくいい子ばかりで。
チョロチョロしているのはうちの息子くらい。

最初の1か月は、レッスンの間に一度は部屋から出て行こうとするので、
レッスンの邪魔になっては行けないから私も一緒に出て行って廊下で落ち着かせて
また戻ってくる…の繰り返しでした。

でも夏くらいからかな。一応座って1時間レッスンを受けられるようになって…
迷惑をかけてはいけないと思い、一番後ろのドアの近くに座っていたんですが、
ある日息子が「一番前に座りたい」というので、一番前のエレクトーンに座ったら、
先生ともよく目が合うし、話しかけてくれるしで嬉しくなったみたいで、
そこからは一番中央の一番前が息子の定位置になりました。

でもそれからもいろいろありました。

だんだんレッスンも難しくなっていくので、ついていけないんです。
左手のみで、「ドレミファソ ソファミレド」くらいは出来たのですが、
今度は右手でメロディ、左手で「ソ ド」のように、ベース音を弾くという、
両手奏が始まると、もうお手上げ。
両手を別々に動かすというのが、4歳児ではたぶん無理なんだと思うんです。
(もちろん出来る子もいると思うけど…大多数の子には難しいことだと思う)

グループレッスンなので、息子が出来るようになるまで先生が教えてくれるわけでもなし、
息子が弾けてないのに、「じゃあこの曲は仕上げでーす」と言って
次の曲にどんどん進まれてしまう始末…。

結局は家で母が教えてやらないといけないんです。
最初は優しくやっていても、だんだんイライラしてきて、親子でケンアクな雰囲気に。

でもいつ頃だったかな。
時間を決めて練習するようになってきました。
そもそもは、夕方のNHK教育テレビで「フックブックロー」という番組だけは好きじゃないと。
じゃあ、その時間だけ毎日ピアノの練習しよう、ということになって、
直前の「クッキンアイドル」が終わったらすぐテレビを消して、10分間だけ
電子ピアノの前に座ることに成功。
もちろん10分も集中して弾かないことも多いんだけど、先生には「毎日同じ時間に
5分でもいいから弾くことが大事です」と言われていたので、かなりの前進です。

それでも、私が「こうしてごらん」とか口を出すと「ヤダ」「出来ない」と逃げ、
練習する…というよりは、電子ピアノで遊んでいるという状態でした。

でも、年が明けてから、何かのきっかけで、両手奏が上手に出来るようになってきて、
そうすると楽しくなったようで、出来る曲ばかり一人でもずーっと
弾いていられるようになりました。

e0141875_9474250.jpg

(一人で延々同じ曲を弾いている息子…)

次のハードルは、左手の和音。
最初は「ドソ」と「シソ」だけで、これは出来たのですが、
「ドミソ」「シファソ」と3つの和音になると、とたんに難しいらしくて。

これが出てくる曲もかなり難儀しました。
「出来ないことを頑張って練習する」というのが非常に苦手な息子、
出来ない、指が動かないと思うと「やーめた」と逃げ出す…。

でもやっぱり、いつのまにか、出来るようになっているんです。

実は、この春休みには別の個人教室にも体験に行き、
ヤマハは辞めてそっちに行こうかとも思ったんですが、
ヤマハの幼児科はあと1年で卒業とのことなので、もう1年頑張ってみようかと…。
何事も「途中で辞めちゃえばいいんだ」と思ってほしくなかったので、
とりあえず「卒業」という区切りまではヤマハで頑張ることにしました。
そのあと、もし本人が続けたいというなら、個人教室にうつろうと思います。

長々書きましたが…
習い事は、発達の時期に合わせて始めたほうがいいですよね。
まだ手が小さく指の神経も未発達なうちから、ピアノは難しかったと思います。
また、親子一緒のレッスンもお互いに向いてなかったです(私がいると調子に乗るし、
私もそれでイライラしてしまうので)。

本人の性格に合わせることと、親の通わせやすさが一番大事ですね。
あとは子供の仲良しの子もいると、「あの子も行ってるから行こう」という気持ちになるみたいです。
体操、水泳は喜んで通っているので、やっぱり文化系より体育会系の子だったんですね。
[PR]
by karin--a | 2012-04-24 10:20 | 息子の成長(4歳~)