2007年4月27日生まれの暴れん坊社長と30代兼業主婦の日記


by karin--a
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

幼稚園決定そしてオムツ卒業

11月に入りましたね。あっというまに年末がやってきます!
年々月日が経つのが早く感じられる~。

先月まであんなに悩んでいた二つのこと、
幼稚園とトイレトレですが…
幼稚園は無事決定!
そしてオムツもほぼ外れました!同時期に二つ解決なんて珍しい!?

以下、自分のために日記代わりの覚え書きです。
ご興味のない方はスルーしてくださいませ。

幼稚園はM幼稚園に決まりました。
第一印象で「ここかな?」と感じた、元気な男の子に人気の体育会系幼稚園です。

e0141875_1064614.jpg

これは9月に園が開催してくれた、未就園児向けの運動会の写真。
このM幼稚園は体操の先生が常駐。このプレ運動会でも体操の先生指導で
いろんな遊びを教えてくれました。息子もとっても楽しそう…。
かけっこも張り切って走って一番でした。
その様子を見て旦那も「ここがいいんじゃない」と言っていました。
このM園は屋外プールもあり、卒園までには泳げますよ…とのこと。
他の園ではだいたいビニールプールしかなく、泳ぎ指導はなくて水遊び程度と
言ってましたから、これは大きいです。

もう一つ私がどうしても受けさせたかったのがS幼稚園。
ここは定員60人と小規模ですが、園バスあり延長保育あり給食ありと
親にとってはありがたい園で、なおかつ小学校受験する方も多いとの噂。
うちが小学校受験するかどうかは別として、そういう雰囲気の園に通わせてみたい…と
思ってしまったのでした。まぁ受かったら考えようかな、的な甘い考えで…。
あ、でも授業見学に行ったら年少さんから英語の授業ありで、
息子も興味シンシンで覗いていたんです。それもあって。

M幼稚園は、願書を提出したその日のうちに面接時間を電話で教えてくださったのですが、
この電話が来るということは、ほぼ入園OKということでした。
というのも、園から近い人から優先的に入園していただけます、と事前に聞いていたからです。
これが分かったのが10月28日だったので、かなり気分的には楽になりました。
(意外に家が遠い場所だったので、もし駄目だったら…S幼稚園に受かる保障はないし、
幼稚園浪人もありなのか!?と。けっこうドキドキしていました)

M幼稚園の面接が午前中だったので、S幼稚園の面接は午後になるように
願書をわざと遅い時間に提出、無事に2つの園の面接が受けられることに。
(同じ日のことが多いので、時間が重なってしまったら併願できないんですよね!)

願書を書くのがまた大変!
M幼稚園は住所や名前程度で写真添付もないのですが、S幼稚園は
「この園の志望動機」から「お子様の性格、長所と短所は?」とか
とにかく書く欄が多い!さらに子供1人の写真+家族写真まで!

そんなこんなで面接当日。
11月1日は月曜だったのですが旦那にも休んでもらい、まずはM幼稚園へ。
ここは保護者1人+子供という指定なので私のみ行きました。

最初に子供だけ8人くらいのグループで行動観察。
別室だったのでどんなことをしていたのか分かりませんが、発達を一応チェックされたのかな?

続いて母子で面接へ…。
園児用の小さな机の前で若い女の先生が待っていたので2人で腰をかけ、
お名前は?何歳ですか?と息子聞かれて、一応ちゃんと答えられました。
するとなんと机に肘をついているじゃないですか!びっくりして
「お行儀が悪いから、手はお膝で先生とお話しようね」と言っても「これでいいの」と(涙

続いて動物の絵本を見せられて「これは何?」と聞かれて「犬」「象」とちゃんと答えていましたが、
その前に「どうぶつえほん」と絵本のタイトルを読むと、「もうひらがなが読めるんですか!?」と
驚かれました。
また、トイレは出来ますか?と聞かれたので、ギリギリでもオムツが取れて本当によかったです。
(オムツでも入園許可は出ますが、入園式までには取ってくださいと言われるのです)

他に母には「なぜこの園を希望されたのですか?」と聞かれましたが、
「園庭も広いし元気な息子がのびのび過ごせるかと思って…」というありきたりな答えをしてしまいました。
だって本当にそうなんだもん!

終わったあと、「どうして肘をついたの?」と聞くと
「だって〇〇くん、お兄ちゃんだもん」とのこと。
どうやら精一杯格好をつけた結果、片肘をついた姿勢になったらしいです。

M幼稚園は面接後すぐに「では来年からよろしくお願いします」と言われ、
即日入園金をお支払いし、これで入園確約できました。ほっと安心。

そしてもう一つのS幼稚園に午後から向かいました。
60人の定員で、用意されていた受験番号バッジを見ると163番までありました。う~ん…。

子供のグループ面接と、父母と子供の面接で合否が決まるのです。
グループ面接はまた別室でしたが音と声は少し聞こえました。
先生と同じように振り付けをしたり出来るかをやっていたみたい。
もちろんうちの子はこういうのが大好きなので、「楽しかったー」と帰ってきました。

続いて親子面接。
まずはじめに息子が名前と年齢を聞かれましたが、
いわゆる面接っぽい雰囲気に緊張したのかいつもより声も小さくなってしまいました。

私達も緊張しました。
聞かれたことはパパには「父親の役割とは?」と
私に「育児と仕事の両立について」ということでした。
願書に仕事をしていることを特記したので、聞かれることは想定すべきでした。
でも実を言うと仕事と家庭の両立は今ちょっと自信がないんです。
だからこそ保育園ではなく幼稚園に志願して、仕事を減らす方向で考えているので。
その辺のところをうまく説明できずにしどろもどろになってしまいました。

S幼稚園の発表は次の日。わざわざ園まで結果を取りに行かなくてはならないんです。
けっこう面倒~。で、結果は「残念ながらご期待には添えず…」でした。

でもこれでよかったのかもしれません。息子にとっては元気でやんちゃなM園がぴったりです。
負け惜しみではなく、本当にそう思っています。
ただ、S園で親子面接も経験できて、パパにとってもよかったです。
もしS幼稚園を受けていなかったら、幼稚園選びは完全に私任せになってしまい
パパもあまり考えてくれなかったでしょうから。

そんなこんなの幼稚園受験狂想曲でした。
今度M幼稚園の制服の採寸があるので、楽しみです!

トイレトレのことはまた今後書きます~。
[PR]
by karin--a | 2010-11-05 11:55 | 息子の成長(3歳~)